kinologue のプロフィール写真

投稿者: kinologue

【レポート】2015/03/27「大人のムーミン・ダイアローグ:ムーミンたちが語りかけてくること」@SHIBAURA HOUSE

2015年3月31日 (レポート)

ws_1

SHIBAURA HOUSEさんのフレンドシップ・プログラム最終回。年度末ギリギリの金曜夜に組んでしまったせいか、キャンセルが続出し、社会の動きに無頓着だったと猛省、、、しかし申し込み頂いた方は全員参加でスタートした。最初に自己紹介として、ムーミンの中で好きなキャラクターを挙げて貰う。ムーミントロール、スナフキン、ミイがやはり人気。ムーミンに詳しそうな人、ほぼ初めてという人、子どもの時以来という人、、、色々でバランスが良い。ブルーベリーコーヒーの香りが充満して、観ながら嗅覚でも楽しんで貰えるといいなぁと思っていたが、上映中は時折ツッコミ的?な笑いが起きていた。 残りのエントリーを読む →

kinologue のプロフィール写真

投稿者: kinologue

【NEWS】3月27日(金)「大人のムーミン・ダイアローグ:ムーミンたちが語りかけてくること」開催!

2015年3月8日 (News)

moomin_suisei_sub2

※このイベントは終了しました。

日本ではおなじみの、フィンランドの森に暮らす不思議な生き物・ムーミン。原作者トーベ・ヤンソン生誕100周年記念の展覧会開催や新作アニメ映画公開がメディアで多く取り上げられ、新たに注目を集めています。そして、キャラクターとしてかわいらしさから一歩進んで、ムーミンの物語の深さに触れる人が増えてきています。
今回のkinologueは、現在劇場公開中の『劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション』を観て、映画の中でパペットのムーミンたちが語りかけてくることに耳をすまし、それぞれのキャラクターに注目しながら、ダイアローグを行なっていきます。 残りのエントリーを読む →

kinologue のプロフィール写真

投稿者: kinologue

【NEWS】1/31開催ワークショップの取材記事が掲載されました!

2015年2月16日 (News)

産経新聞 【映画と生きる】
1本の作品を見て対話する「kinologue」に参加して 多様な見方に触れる喜び

prm1502150022-p3

kinologue のプロフィール写真

投稿者: kinologue

【レポート】2015/01/31「ダイアログ・イン・ザ・フィルム: #1 ミランダ・ジュライ」@SHIBAURA HOUSE

2015年2月3日 (レポート)

IMG_6883

久しぶりの大人向けkinologueは、長らく温めていた台詞に着目したプログラムにチャレンジ。映画が心に残る時、きっかけは色々あるが、台詞は要素として大きいなと常々思っていた。見終わった後に頭の中を台詞の言葉が反芻する経験がある人なら分かるのでは。役者さんでなければ、台詞を口にすることは非日常的な行為なので、その滅多にない体験を通じて、映画と出会ってみることで、映画と自分との距離がいつもと違うものにならないか、というのが、今回のプログラムの狙い。 残りのエントリーを読む →

kinologue のプロフィール写真

投稿者: kinologue

【NEWS】1月31日(土)ダイアログ・イン・ザ・フィルム:#1 ミランダ・ジュライ

2015年1月9日 (News, イベントに参加する)

the future_photo3

※このイベントは終了しました。

2015年第1弾のワークショップは、映画の中の台詞に着目します。映画の台詞を読むワークと映画鑑賞を組み合わせた、新しいプログラムです。今回題材とする映画は、コンテンポラリー・アーティストで、作家でもあるミランダ・ジュライの長編2作目で、監督・主演・脚本を務めた『ザ・フューチャー』。短編小説集「いちばんここに似合う人」でも知られる独特の世界観から発せられる言葉の強さは、映画という形になると更にパワーを増します。 残りのエントリーを読む →

kinologue のプロフィール写真

投稿者: kinologue

【NEWS】『365日のシンプルライフ』今後の自主上映会規程

2014年9月9日 (News)

365simple_main

<『365日のシンプルライフ』個人主催自主上映会規程>【2014年9月9日更新】
あなたの街で、『365日のシンプルライフ』上映会を開催してみませんか?
上映の後にみんなでモノについて話をするワークショップやモノを持ち寄って物々交換をすると、更にこの映画らしい上映イベントになります。
残りのエントリーを読む →

kinologue のプロフィール写真

投稿者: kinologue

【レポート】2014/08/30 kids kinologue#2 クリーニングデイ@鎌倉「北欧ぶつぶつこうかんまつり〜アニメ『KUBBE(キュッパ)』を観て、モノと遊ぶアップサイクル・ワークショップ」

2014年9月8日 (レポート)

photo 3

8月4日に続いてノルウェーのアニメ『KUBBE(キュッパ)』を観る「kids kinologue #2」、そしてクリーニングデイ@鎌倉のプログラムの1つとして開催した。 残りのエントリーを読む →

kinologue のプロフィール写真

投稿者: kinologue

【NEWS】8/30(土)クリーニングデイ × 『365日のシンプルライフ』1日限定上映会開催解禁!

2014年8月14日 (News, イベントに参加する)

※ こちらの募集は締め切らせて頂きました。ご応募頂いた皆様、ありがとうございました。

CleaningDay_365simple

フィンランドのアップサイクル・カルチャー・イベント「クリーニングデイ」の開催日である8月30日(土)限定で、8月16日(土)より公開のフィンランド映画『365日のシンプルライフ』の自主上映会を開催することが出来ます。あなたの街で、『365日のシンプルライフ』上映会とフリーマーケットや物々交換を組み合わせたクリーニングデイを楽しみませんか? 残りのエントリーを読む →

kinologue のプロフィール写真

投稿者: kinologue

【レポート】2014/08/04 kids kinologue#2 アニメ『KUBBE(キュッパ)』を観て、大事なモノを入れる箱づくりワークショップ

2014年8月6日 (レポート)

場面写4
©Åshild Kanstad Johnsen / TMS

3月以来、2回目の子どもを対象にしたkids kinologue。今回は、地元の私立小学校で、夏休みのプログラムの1つとして開催した。参加者は13名、男女半々、1〜3年生が中心だ。ファシリテーターは、造形ユニット“つむり”のそうちゃん。子どもたちが映画の世界を感じながら、対話をしたり、モノ作りをすることの豊かさを実現させたいkids kinologueの強力な助っ人!今回上映する作品は、ノルウェーの絵本から生まれた『KUBBE(キュッパ)』。森で色んなモノを集めるのが大好きな丸太の男の子キュッパの物語は、みんな初めて。先ず、キュッパの国・ノルウェーはどこ?どんな国旗?と、地球儀などを使いながら、みんなに聞いていく。そして、1話(1箱)ずつ上映。最初はじっと静かに観ていたが、段々とストーリーのペースに慣れてくると、キュッパのダンスに笑みがこぼれだす。
残りのエントリーを読む →

kinologue のプロフィール写真

投稿者: kinologue

【レポート】2014/06/05 greenz.jp ×映画『365日のシンプルライフ』 〜モノと自分の関係から見えてくる、次の時代の暮らし方@SHIBAURA HOUSE

2014年6月17日 (レポート)

365simple_0605event_3

土砂降りの雨の中で開催となったが、申込された方のほぼ全員が参加。受付の際に「モノをいっぱい持っている方ですか?」or「少ない方ですか?」で金と銀の名札の色を分けて、先ず少しだけ自分のモノと向き合う気持ちを持って貰うことに。映画の上映、その後に休憩を挟んでから、greenz.jp代表の鈴木菜央さん、ペトリ・ルーッカイネン監督のトークイベントを開始した(通訳は坂根シルックさん)。鈴木さんの自己紹介とgreenz.jpについての説明の後、「小さくて大きな暮らし」を目指し、1/5の広さのトレイラーハウスに住まいを移してのダウンシフター計画進行中の興味深いお話。そして「断捨離なう」ということで、まるで映画そのもの100個のリストを公開(鈴木さんの1個目はメガネでした)。そんな鈴木さんから監督への最初の質問は「なぜ、そもそもこんな映画を撮ろうと?」
残りのエントリーを読む →


ツールバーへスキップ